HALSEの日記

フィットネスインストラクターとして活動中のUdaのブログです。日常生活で感じたことや趣味について綴っています。

千葉県・佐原のお勧め

私は千葉県の佐原が大好きで、しょっちゅう遊びに行ってます。先日も、バッグを買いに佐原まで出かけて来たんですが、その時に回ったところをご紹介したいと思いますので、地図と照らし合わせながらご覧ください。

f:id:halse0323:20161212192310j:image

ところで、「佐原の大祭」を含む日本の「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されましたね!そんな佐原の大祭に欠かせない山車。是非、【山車会館(地図中央)】でご覧頂きたい。

今なら山車会館の3階で、南横宿の山車の人形が飾られているのが見られます。

f:id:halse0323:20161211205821j:image

いつもは下から見上げる仁徳天皇

f:id:halse0323:20161211211538j:image

その仁徳天皇を真正面から見られる機会はなかなかありません。きっと見惚れますよ?

f:id:halse0323:20161211211858j:image

そして1階では、今なら新上川岸区の牛天神と舩戸区の神武を同時に見ることが出来ます。この2台が揃うのは60年に一度らしくてとても貴重なのだそうです。

f:id:halse0323:20161211225814j:image

詳しくは香取市のウェブページをご覧になってお出かけください。

http://www.city.katori.lg.jp/smph/sightseeing/matsuri/dashikaikan/index.html

(佐原駅前の観光協会に立ち寄れば、入館料の割引券付きパンフレットが貰えます。)

山車会館を堪能した後は、小野川沿いを散策するのがお勧めです。小野川にかかる【じゃあじゃあ橋(地図左下)】の、30分ごとに行われる落水で、その橋の愛称の由来となった水の音を楽しんでください。

30分ごとと言うと間が長い感じもしますが、そんな時は橋のすぐそばにある【袋物・帽子こばやし】に行くと良いですよ?

f:id:halse0323:20161211231208j:image

手作りの巾着やバッグを選びながら、店主とのおしゃべりを楽しんでいると、あっという間に30分が過ぎてしまいます。

佐原はスーパーもいいんです。

f:id:halse0323:20161211231823j:image

【志田ストアー(地図左側)】今回はちょっと行くのが遅くて辺りが真っ暗ですが…駅に近く、お祭りの時には曲曳きのひとつ「のの字まわし」がお披露目される十字路のすぐそばにあるお店です。

このスーパーでは、佐原に工場を構える「宮田食品工業所」の車麩が購入できます。

ちなみに工場に伺うと、運がよければ麩を作る際に切り落とされた端っこ「耳麩」が買えます。テレビで見て、私も買いに行きました。

f:id:halse0323:20161211232913j:image

ただこの時も最後の1袋でしたし、確実にお麩を手に入れるなら志田ストアーが良いと思います。

志田ストアーに行くたび、特に果物が豊富に取り扱われている印象があるのですが、今回は柿を購入してきました。

f:id:halse0323:20161211233711j:image

これ、愛媛の「横野柿」と言うそうです。我が家の近所では見たことがない品種だったのですが、綺麗な字で丁寧に書かれたポップに、糖度は20度前後にもなりとろける甘さ。という様な説明が書かれていたので安心して買えました。志田ストアーのポップは信用できて好きです。

お肉好きさんには牛脂が、カタチが整えられて個別包装されてるものではなく、牛肉から切り出されたままのものが貰えるので嬉しいのではないかと思います。

私は今回は千葉県産のSPF豚を買ってきてみました。

f:id:halse0323:20161211235255j:image

実は以前、「道の駅 水の郷 佐原」で林SPF豚を買い、焼いている時からおいしい香りがするのが気に入って、毎回佐原に行くたびに、売り切れてなければ買って来ています。

 f:id:halse0323:20161212003214j:image

今回も道の駅で林SPF豚も購入しましたが、志田ストアーで買って来たSPF豚も、道の駅で買った林SPF豚も同じくらいおいしかったです。

その【道の駅 水の郷 佐原(地図右上)】は佐原駅から徒歩15分ほどのところにあります。これからの寒い時期は車で行くか、タクシーかバスを利用されると良いかと思います。

前述の林SPF豚もお勧めですが、こちらは野菜が豊富。今回は珍しい「わわ菜」を購入しました。

f:id:halse0323:20161212004650j:image

白菜の小さいのという感じです。実際、レシートにも「ミニ白菜」とかいてありました…同じ日に【せり川青果店(山車会館近く)】で買った白菜と比べてみました。

f:id:halse0323:20161212004745j:image

親子みたいですね。

道の駅でも「宮田食品工業所」の商品が買えるのですが、麩菓子に関しては扱っているのは道の駅だけではないかと思います。ご自宅のおやつにいかがでしょうか。

f:id:halse0323:20161212005925j:image

口に入れると黒糖のカリッ、お麩のシュワっと溶けていく食感がお気に入りです。

道の駅ではお土産もたくさん扱われていますが、個人的には【柏屋もなか店(地図左側】の一口もなかが良いと思います。志田ストアーの斜め向かいにある路面店でも買えるもなかはコロンと丸い食べやすい形をしています。

f:id:halse0323:20161212080631j:image

お店にはしっかりユネスコ無形文化遺産登録のポスターが貼ってありました。(ポスター撮影に夢中だったあまり、肝心のもなかの写真が無いです。)

お食事は、ちょっと贅沢できる時は鰻がいいと思います。

f:id:halse0323:20161212083724j:image

【長谷川(地図左側)】お祭りの時はお店の前に長蛇の列が出来ていてなかなか入れないのですが、この日は普通の土曜日だったので待たずに入れました。

そして念願の鰻重。

f:id:halse0323:20161212130445j:image

こちらで鰻を食べたら元気になりました。壁に掛かる力道山の書からも元気をもらった気がします。

f:id:halse0323:20161212130518j:image

途中休憩時間なしでお昼から夜まで営業されているので、食事の時間がずれてしまっても安心です。ただ在庫がなくなって、早めに店じまいしてしまうことはあるみたいですよ。

f:id:halse0323:20161212174041j:image

お祭りの時はお店の前を山車が通過することも!

車で佐原に行く時は、【せり川青果店(山車会館近く)】にも立ち寄って頂きたいです。今は野菜が高いですが、それでも我が家の近所のスーパーより2割は安い気がします。

f:id:halse0323:20161212150425j:image

今回はこんなに立派な葉っぱつきのカブも頂いてきました。こちらで野菜をたっぷり購入して帰ると安心です。

今の時期は自然薯も出回りますね。ちょっと車で香取神宮(地図の範囲外。歩いては行けない距離です!)まで行けたら、御詣りの帰りに参道の入口にある草団子屋さんで上等な自然薯が買えます。

f:id:halse0323:20161212192605j:image

ユネスコ無形文化遺産に登録された佐原の大祭に欠かせない山車を見て楽しみ、おいしいものを食べ、御詣りして、おいしい肉や野菜、果物をいっぱい買って帰れる佐原。佐原に行くときっと元気になれますよ!